ニキビができてやってはいけないこと

ニキビができてやってはいけないこと

ニキビで悩む人はほとんどが深刻な悩みとしてニキビをとらえています。
こうした心の悩みは、ストレスとなり、さらにニキビを悪化させるという負の循環を招くこともあります。

 

とくにニキビができてやってはいけないことをしっかり覚えておいてください。
あとあと後悔することになっても、ついついやってしまうことが多いからです。

 

ニキビを潰す

もっとも注意が必要なのは、ニキビを潰すこと。
ニキビができているときに思うことは「早くニキビをつぶして、消してしまいたい」ということです。
それでニキビを指や爪で潰す人が絶えません。

 

ニキビを潰すことは、皮膚の組織を傷つけたり、潰したあとに細菌が侵入してさらに炎症を引き起こすなど、傷跡が残る行為なので決して潰すことはよくありません。

 

顔のお肌がデコボコしていたり、色素沈着を起こしているニキビ跡が目立つ人は、ニキビを潰していることがよく見られます。

 

過度の洗顔や化粧の厚塗り

適度な洗顔とスキンケアは、もちろんニキビの予防やケアには必要不可欠です。
ですが中には1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシこするように洗顔してしまう人がいます。

 

このような行為はかえって皮膚を刺激してニキビの症状を悪化させることがあります。

 

大人のニキビの場合は、皮膚の機能低下が原因でニキビができていることも多く、
保湿性が失われることがあるので、自己流の過度な洗顔はやめたほうがいいです。

 

ニキビやニキビ跡を隠そうとして、過度なファンデーションの厚塗りもニキビの悪化の原因になります。
ファンデーションを塗るときに、ニキビを刺激して、さらに悪化してしまうということになりかねません。

 

またファンデーションの残りかすが毛穴に詰まり、ニキビを隠すためなのに、ニキビが増えてしまうという悪循環もあります。

 

ニキビを目立たなくするのは最低限にして、やはりニキビを治すということをしたほうがよいでしょう。